リピートがドラマに!原作小説のあらすじ&結末は?伏線を徹底解説

映画「イニシエーション・ラブ」で注目の乾くるみさんの長編小説が、今度はドラマに!
しかも、乾くるみさん原作の小説がドラマになるのは初めてとなります!

乾さんの小説は、なんと言っても”大・どんでん返し“が面白い!

だから,,,ドラマもきっと面白いに違い無い!!!

 

ドラマ『リピート』について、原作小説のあらすじの気になる結末は?
伏線を徹底的に解説に挑戦!!!

 

勿論、キャストや放送日も調べちゃいますよー!


Sponsored Link

リピート〜運命を変える10ヶ月〜の放送日は!

リピートがドラマに!原作小説のあらすじ&結末は?伏線を徹底解説1

乾くるみさんの長編小説『リピート』がドラマ化!
既に、ワクワクが止まらない〜

 

先ずは放送日を調べましょう!

 

読売テレビ・日本テレビ系
2018年1月11日 毎週木曜日
夜11:59〜スタート!

※一部放送されない地域もあります。

プラチナイト 木曜ドラマFにて始まりますよ〜!

みかどんこ
F?

 

何やらドラマの公式サイトでは「リピート」のキーワードとなるらしい…
「F」=「Fortune 運命」

運命…が
キーワード?

 

プラチナイト 木曜ドラマFでは、毎回「F」で始まるキーワードでドラマのイメージを伝える様ですよ〜!!!

何だか…ワクワクしますね?

ドラマ『リピート』をより楽しみたい方は、是非チェックして見て下さいね!


Sponsored Link

リピート〜運命を変える10ヶ月〜のキャストは!

 


☆篠原鮎美(33)
↪︎貫地谷 しほり

貫地谷しほり

《貫地谷しほり》

生年月日/ 1985年12月12日(32)
出生地/ 東京都荒川区
身長156cm
血液型/ A型
『ちりとてちん』『くちづけ』など

人と関わるのが苦手。本音が言えない性格の為、本の世界に安らぎを求める。しかし、心の中は毒舌で相手に仕返しをしたり、妄想好き。

一流商社マンとの出会いから1年半、そろそろプロポーズを期待するタイミングでリピートの誘いを受けるが、初めは興味も無しだったが…取次第に、圭介に惹かれていく,,,

 

☆毛利圭介(23)
↪︎本郷 奏多

3本郷奏多

《本郷奏多》

生年月日/1990年11月15日(27)
出生地/ 宮城県警仙台市
身長/ 171cm
血液型/ O型
『GANTZ』『ラブホの上野さん』

キャバクラでバイトをして生活をしている。
ぶっきらぼう。遊び人風に見えて、根が真面目。頭がキレる。彼女がいるが、自己中な性格に振り回され、別れたいと思っていた時に、リピートの誘いを受ける。

夢を失い、金が手に入ればいいと思い生きて来たが、夢を追い続けるべきと鮎美に気づかされるが…。

 

☆天童太郎(40)
↪︎ゴリ(ガレッジセール)

ゴリ

《ゴリ》

生年月日/ 1972年5月22日(45)
出生地/ 沖縄県那覇市
身長/173cm
血液型/ A型

カフェのオーナー。フランクな性格。誰にでも遠慮なく意見する。
鮎美や圭介をリードしながら、リピートの謎に迫る中心的人物。

 

☆町田由子(21)
↪︎島崎 遥香

島崎遥香


《島崎遥香》

生年月日/ 1994年3月30日(23)
出生地/ 埼玉県
身長/ 159cm
血液型/ A型
『ゆとりですがなにか』『劇場霊』

金持ちのお嬢様。見た目は綺麗で甘え上手。圭介を愛しているが、独占欲が強く嫉妬深い。
圭介に対しストーカー的言動は、狂気的。

 

☆郷原俊樹(51)
↪︎清水 圭

清水圭

《清水圭》

生年月日/ 1961年6月24日(56)
出生地/ 京都府宇治市
血液型/ A型RH-

お金に困る人生を抜け出したい目的でリピートに参加。
冴えない風貌だが…。

 

☆高橋和彦(45)
↪︎福田 転球

福田転球 


《福田転球》

生年月日/ 1968年9月10日(49)
出生地/ 大阪府交野市
血液型/ AB型
『サビ男サビ女』『太平洋の奇跡』

トラックの運転手。競馬で金儲けをしたいとリピートに参加。
中でも最も前のめり

 

☆坪井 要(20)
↪︎猪野 広樹

狩野広樹

《狩野広樹》

生年月日/ 1992年9月11日(25)
出生地/ 神奈川県
身長/ 175cm
舞台『刀剣乱舞』など

東大を目指し浪人中。二次試験に間に合うならとリピートに参加。

 


☆久瀬一樹(38)
↪︎松田 悟志

松田悟志

《松田悟志》

生年月日/ 1978年12月16日(39)
出生地/ 大阪府大阪市
身長/ 181cm
血液型/B型
『仮面ライダー』『虹のかなた』

大手商社マン。鮎美と結婚を考えている。

 


☆横沢佐知子(55)
↪︎手塚 理美

手塚理美

《手塚理美》

生年月日/1961年6月7日(56)
出生地/ 東京都東京大田区
血液型/ AB型
『ふぞろいの林檎たち』『チャンス』など

愛する夫と思い出作りの為、リピートに参加。鮎美の良き相談相手に

 


☆大森 知恵(35)
↪︎安達 祐美(特別出演)

安達祐実


《安達祐実》

生年月日/ 1981年9月14日(36)
出生地/ 東京都東京台東区
身長/ 153cm
血液型/ O型
『家なき子』『花宵道中』など

クールな理系女。会社から認められたくてリピートに参加。化学系研究者。
鮎美、圭介、天童が、リピーターが巻き込まれていく数々の事件の謎に迫っていく中、分析力と勘を使い、3人と協力し解決を導きだす。

 

☆風間
↪︎六角 精児

六角精児

《六角精児》

生年月日/ 1962年6月24日(55)
出生地/ 兵庫県
身長/ 175cm
血液型/ O型
『相棒』『名古屋行き最終列車』など

リピートを主催する謎の男。頭の回転が早く弁も立つが、感情を表には出さない。
電話番号を適当に押してつながった人を招待したと言うが、隠している本当の理由がある。

 

《リピートの原作者は》

乾くるみ

誕生日/1963年10月30日(54)
出生地/ 静岡県
職業/ 小説家、評論家
学歴/ 静岡大学理学部数学科卒業
『イニエーション・ラブ』など

《スタッフ》

原作/ 乾 くるみ
脚本/ 泉澤 陽子
森山あけみ
監督/ 蔵方政俊
湯浅 弘章
片桐 健滋

 

リピートの原作『リピート』のあらすじ結末は!

リピートがドラマに!原作小説のあらすじ&結末は?伏線を徹底解説2

では、いよいよ乾くるみさん原作『リピート』のドラマのあらすじは!

 


《リピート~運命を変える10ヶ月~》

図書館の司書として働く篠崎鮎美のもとに、ある男から「1時間後に地震が起きます。」
と電話がくる。

ただのイタズラだと思っていたが、予言通りに1時間後、地震が起こったのだ。
鮎美が驚いているところに、先程の男から再び電話が来た

 

男は”風間”と名乗り「未来から過去の”ある地点”へと戻り人生をやり直しているので、未来に起きる事を知っている。」
と言うのだ。

風間は、その時間旅行の事を『リピート』と呼び、鮎美をゲストに招きたいと誘う。

 

そして…鮎美と毛利圭介、天童太郎を含めた見知らぬ男女8人の、10ヶ月前へと遡る『リピート』の旅へ出る事となるが…
過去に戻った先では、驚きの大どんでん返しが待っていた!

 

こうにゃん
さあ…その大どんでん返しとは!
どーなっちゃうのか?

 

あらすじの結末と伏線を徹底解説に挑戦したいと思います!

リピートの原作小説を解説!

リピートがドラマに!原作小説のあらすじ&結末は?伏線を徹底解説3

では…始めに小説に出てくる用語から解説したいと思います。


《リピートとは》

10月現在から、その年の1月に戻る事が出来て、もう一度同じ体験をする事が出来る…と言う現象の事。

 

例えば…競馬の結果を記憶しておけば、1月に戻って競馬の結果を当てて、ボロ儲けする事が可能。
受験も、答えを全部記憶すれば全問正解する事も可能になる。

と言う事…

 

《リピートの条件は》

リピートする際メモを持って行く事は出来ないので、頭で記憶するしか出来ない

 


《リピートは繰り返せる》

リピートは10月になれば、同じ事を繰り返す事が出来る

この事をRと数える。

 


《Rとは》

繰り返し過去に戻る回数を数える用語としてRでカウント

1回目のリピートをR1と数え、2回目をR2と言う事により、R1とR2は”違う世界”と解釈する事が出来る。

 

《デメリットは》

リピートと言う現象を知り、これから起こる未来を知っている人間は、リピートを知る以前(オリジナル0)と、行動が変わる。
徐々にズレが生じてしまう

この事を『カオス理論』と言う。

 

さて…大どんでん返しは何処なのか!
このデメリットがポイントとなるのか…

 

リピート後の世界に訪れるのは…
リピーターたちの不可解な死が立て続けに起こります!

 

犯人は誰なのか?その真相は…と言うあらすじですが、伏線は何処にあるんでしょうか…
探してみましょう!

 

リピートの伏線を徹底解説!

リピートがドラマに!原作小説のあらすじ&結末は?伏線を徹底解説4

リピートの原作小説の伏線は何処なのか!
探してみたいと思います。

 

以下全部ネタバレを含みます!

みかどんこ
小説をこれから読もうと思う人は
見ないでね?

 

リピート第1発見者の池田と風間が、毛利に”カラクリ”を説明の場面で,,,

リピートメンバーはみんな、R8にいたるまでで死ぬ運命にあった。そこで、わたしたちがR9で助けた。

 

☆解説

R8と言うことは、風間池田8回リピートしている。

風間と池田は、リピートに飽きて”人助け”をして暇つぶしをしようとした為、R9では、10月以前に死ぬはずだったメンバーを助ける。
助けたから、メンバーはオリジナルの世界でも生きている事が出来たのです。

しかしメンバーは、リピートをして1月に戻ってしまいます。
1月に戻ってしまったメンバーは、1月から考えたリピート後の未来で、また死んでしまう。

 

何故か…
R10で、池田と風間はメンバーを助けないから。

リピート後、R10での恐怖「リピーター連続殺人事件」の答えはココ!

 

リピートのラスト結末は

リピートがドラマに!原作小説のあらすじ&結末は?伏線を徹底解説4

いよいよ、ラスト結末です!

結局生き残るのは誰なのか?

 

リピーターのメンバーはある仮説をたてます。

リピーターを狙った、殺人事件が連続で起きている…つまり、リピートの事を知っていて、それを良く思わない人がメンバー以外にいる。

と言うものでしたが…


『元から死ぬ運命だったから、連続で死んでいった』

☆カラクリを解説

風間からの電話をはじめに取らなければメンバーは10月以降のR9で生きる事が出来た。

この事に気付いたのが毛利と天童。
R10で死ぬ運命を回避出来た結果R11へと行く事が出来たと言う訳。

 

そして、ラストは残酷に終わる!

『過去に戻ってやり直せる,,,』
人間の先入観を利用したトリックとは、思いもよりませんでした!

リピートがドラマに!原作小説の最後に

イニエーション・ラブでの叙述トリックはどうやって映像化されるのか!
とても話題になった様ですが、原作者の乾くるみさんからの提案があったらしいですね〜

今回はどうなんでしょうか…

なんと言っても大どんでん返しが面白いのですが…今回も騙されたー!
となるか途中で見破れるか!

あなたはどちらか?
じっくりとドラマで楽しみたいと思います!

最後まで読んで頂き、有難うございます!


Sponsored Link

この記事もよく読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です