風の谷のナウシカのテトは死んじゃうの?モデルになった動物は何?

とっぷ

宮崎駿監督の名を、一躍世に知らしめた作品『風の谷のナウシカ』

今なお多くのファンに、愛される『風の谷のナウシカ』ですが

今回は、主人公・ナウシカと行動を共にするテトについて
モデルとなった動物は何なのか?

テトは最後、死んでしまうのかについて
調べてみたいと思います。


Sponsored Link

風の谷のナウシカのテトのモデルになった動物は何?

モデル

ユパが保護し、ナウシカの友達となったキツネリス。

本来、人には懐かないはずなのに
動植物と心通わせるナウシカにだけ心を開きます。

そんなテトとは?

 

テト

teto1

キツネにもリスにも似ている。

大きな耳と尻尾で、エメラルドのように美しい瞳が特徴。

大きさは、成獣でも両手に抱えられる程小さく、黄色の体毛に茶色のトラ柄がある。

食性は雑食性。

常にナウシカと共にいる、可愛いテトのモデルとなった動物は何か,,,

 

モデルになった動物なのでは?
と言われているのは

 

フェネック!

フェネック

大きな耳と、シッポがテトと
似ていますよね?

でもフェネックは、イヌ科キツネ属に分類され、肉食です。

 

風の谷のナウシカに登場するテトは
架空の動物なんです!


Sponsored Link

風の谷のナウシカは、是非こちらもご覧になってみて下さい!

⇒ 風の谷のナウシカのアスベルはその後ケチャと結婚?年齢や声優も!

風の谷のナウシカのテトは死んじゃうって本当?

画像1

1984年に映画化された『風の谷のナウシカ』の原作は

1982年から連載された宮崎駿さんの漫画です。

 

漫画『風の谷のナウシカ』は、映画製作などにより、何度か連載が中断され最終回を迎えたのは、1994年。

連載開始から、12年後
そして、映画が公開されてから、10年後の事です。

 

映画では、トルメキア王国と風の谷が中心に描かれていますが

漫画では、そこから更に世界観も広がって複雑になっていきます。

 

映画が公開され、連載が続いて行く中で
テトの最後はどうなるのか?

 

原作では、巨人兵オーマが発する『毒の光』により衰弱死してしまうのです。

この最後にショックを受ける人も
多いのでは無いでしょうか?

 

しかし、そんなテトの姿は
この先の作品に登場しています!

 

それは…

 

1986年に公開された『天空の城ラピュタ』

rapyuta

主人公のパズーとシータが、浮遊城・ラピュタに到着した時

狐リス

2人の目の前に現れたロボットの肩の上に、キツネリスが数匹、戯れる姿が描写されています!

風の谷のナウシカのテトは死んじゃうの?モデルの動物の最後に

風の谷のナウシカのテトについて、調べさせて頂きました。

漫画『風の谷のナウシカ』の連載が、こんなに長い年月をかけて、最終話になった事を

実は、初めて知り驚きました。

ナウシカとテトの初めて出会うシーンは、とても印象的で大好きなシーンでもありますが

最後は、テトは死んでしまうとは
自分自身もショックでした。

改めて、原作をみたくなった次第です。

最後まで読んで頂き、有難うございます!


Sponsored Link

この記事もよく読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です