耳をすませばのバロンがかっこいい!恋人の名前は?目の石は宝石?


Sponsored Link

スタジオジブリ制作の『耳をすませば』は、1995年に公開された、長編アニメーション映画。

柊あおいさんの漫画作品、およびそれを原作とした、近藤喜文監督の作品です。

今回は、『耳をすませば』に登場する
かっこいいバロンについて

恋人の名前や、目の石は宝石なのか?
について、調べてみました。

耳をすませばのバロンがかっこいい!

かっこいい

『耳をすませば』に登場する猫の人形バロン

 

バロンの正式名は

フンベルト・フォン・ジッキンゲン

で男爵の英名なんです!

 

かっこいいですよね?

バロンの名前の由来については、こちらをご覧になってみて下さい!

⇒ 猫の恩返しのバロンの名前の由来!種類は何?かっこいい名セリフも

 

お話しの中で、バロンはストーリーの鍵となる役割

雫が図書館へと向かう途中
電車で変な猫に、出会い

追っていくうちに
『地球屋』に入って行きます。

その『地球屋』は、聖司の祖父の店だったのでした。

聖司の祖父・西司郎は
店の地下の工房でヴァイオリンを作っています。

聖司もヴァイオリン職人なる夢をもっているのでした。


Sponsored Link

耳をすませばのバロンの恋人の名前は?

恋人

バロンは、聖司の祖父・西司郎が
ドイツへ留学していた時

カフェでバロンと出会い
一目ぼれ

しかし、バロンには恋人がいて
今は、修理中で譲れないと言われます。

帰国も間近となり
半ば諦めかけていたところ

西司郎と一緒にいた女性が
『必ず2人を一緒にする』
と言ってくれたので

バロンだけを日本に連れて帰ったのです。

しかし、戦争で
会えないまま月日が流れて行きます

 

バロンの恋人の名前は
ルイ―ゼです!

 

離れ離れとなった彼女のルイーゼ
そんな猫のバロンですが

 

猫の

『猫の恩返し』で出てくる
猫の事務所には…

jimusho

彼女『ルイーゼ』の絵が
飾られているんです!

耳をすませばのバロンの目の石は宝石?

目

バロンの目は、とても美しく輝きますが
宝石なんでしょうか?

 


バロンの目は、雲母片岩です。

 

雲母片岩(うんもへんがん)とは
緑柱石を含む鉱物

緑柱石(りょくちゅうせき)とは
無色や緑色、青色などで、ガラス光沢をもつ。

緑色透明はエメラルド。青色透明は、アクアマリンと呼ばれ、宝石にされる。

 

バロンの目の石は宝石になる原石
エメラルドの原石なんです!

単純に宝石では無いところが
バロンらしいとも言えますね!

耳をすませばのバロンがかっこいい!恋人の名前は?の最後に

耳をすませばの登場人物、バロンについて調べさせて頂きました。

猫のバロンは『耳をすませば』の後、『猫の恩返し』に登場しています。

小説家を志す雫が書いた物語。
と言う裏設定の様ですよ!

そんな事も探してみるのも
楽しいですね?

最後まで読んで頂き、有難うございます。


Sponsored Link

この記事もよく読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です