僕が笑うとSPドラマのストーリーは実話?ロケ地や登場人物相関図も!

関テレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』が放送されます!

SPドラマのストーリーは実話なのか?

ロケ地や登場人物相関図も、作成してみました。


Sponsored Link

僕が笑うとSPドラマのストーリーは実話?

タイトル1

関テレ開局60周年を記念して
『僕が笑うと』が、SPドラマで登場します!

 

放送日は
2019年3月26日(火) 午後9:30~11:18
関テレ・フジテレビ系全国ネット

 

ドラマ 『僕が笑うと』は、どんなあらすじなのか?

 

僕が笑うと

平成が終わりを迎えようとしている
ある春の日

病床に伏せる、老婦人は
4人の孫を呼び、自分の両親や兄弟の事を語り始める。

 

それは、70年以上前に老夫婦が育った
『他の家族とは違う』話し

 

昭和12年大阪
鈴木重三郎は、大阪理科大学の助教授で、植物研究者。

結婚して10年になる、明るく優しい妻の誠子とは、子宝に恵まれなかったが、夫婦仲良く暮らしていた。

しかし、誠子の『母親になりたい』との思いは消える事は無く、三重郎の姉の息子が満州に赴任する送別会をキッカケに、子供への思いが強くなる。

 

数日後、孤児院の庭で遊ぶ子供の姿を見た誠子は、重三郎に孤児を引き取りたいと相談した。

はじめは、何色を示した重三郎だったが、誠子の熱意に押され、浩太を養子に迎えに入れる事に…ぎこちないやり取りが続く重三郎であったが、しだに父親として成長していく。

 

研究一筋の人生から、子供を愛することの生きがいを覚え、重三郎の世界は一変した。

そんなある日、『浩太に兄弟が出来たら、喜ぶかもしれんな』と呟く重三郎。鈴木家は、浩太・節子・健作・虎之助・トメ子の5人の子供たちを育てる大家族となる。

 

やがて太平洋戦争が始まり、生活は日に日に厳しくなっていく戦争は着実に、鈴木家の未来にも影を落としていく…

太平洋戦争によって、幸せだった大家族がどうなってしまうのか?

 

戦争中の大阪を舞台に、5人の子供を養子に引き取り、育てた夫婦の感動の物語です!

 

『僕が笑うと』の原作は何か…
戦争中の大阪を舞台となった物語は、実話なのか?

 

『僕が笑うと』の原作は、無し!
脚本家・尾崎将也さんのオリジナルストーリーです。

これまでも、『アットホーム・ダット』『鬼嫁日記』『結婚できない男』『白い春』まっすぐな男』『シグナル 未解決事件捜査班』など、数々の作品があります!

 

公式では

研究熱心で物静かな男と母になることに憧れた妻が
激動の時代を、笑いと涙が血の繋がりを超えた大家族を作った!

これは、大阪を舞台に実在したかもしれない家族の物語

となっていますので…
実話では無い!

と言う事でした!


Sponsored Link

僕が笑うとSPの登場人物相関図も!

タイトル2

僕が笑うとSPの登場人物が
気になります!

 

僕が笑うとSPの登場人物相関図で
出演者も確認していきたいと思います!

 

『僕が笑うと』相関図!

僕が笑うと相関図

井ノ原快彦さんと、上戸彩さんの
初共演で夫婦役の『僕が笑うと』

感動的なドラマになりそうです!

僕が笑うとSPのロケ地は?

タイトル3

僕が笑うとSPの、ロケ地はどこなのか?

舞台となるのは大阪なので
ロケ地は、大阪では無いかと思うのですが…

 

撮影・ロケ地についての情報は残念ながら
見つかりませんでした!

僕が笑うとのロケ地については、見つけ次第追記させて頂きますね!

僕が笑うとSPドラマのストーリーは実話?の最後に

僕が笑うとSPについて、調べさせていあました。

井ノ原快彦さんと、上戸彩さんの初共演!
そして、夫婦役を務めます。

お2人が、夫婦役と言うだけで
ホッコリしてしまいますが

感動する事は、間違い無しの
『僕が笑うと』

あなたも是非、ティシュを用意して
ご覧になってみて下さい!

最後まで読んで頂き、有難うございます。


Sponsored Link

この記事もよく読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です